顔の脱毛


main_top

顔脱毛・フェイス脱毛の最新記事

2016年6月現在の顔脱毛BEST4はココ!

高品質で美肌効果もバッチリ&しかも安いサロンを厳選紹介!

顔脱毛ランキングBEST4

ディオーネ (美肌&脱毛のW効果でモテ美顔に!)

ディオーネのHP

ディオーネの顔脱毛のコース内容
コース名称 脱毛回数 料金
うるツヤお顔脱毛【体験版】 1回 3,240円
(1回3,240円)
うるツヤお顔脱毛【6回コース】 6回 38,880円
(1回6,480円)
うるツヤお顔脱毛【12回コース】 12回 64,800円
(1回5,400円)
敏感肌でもニキビ肌でもアトピー肌でもOKの敏感肌専門サロン!
(痛みがゼロのハイパースキン脱毛で安心!)
ディオーネホームページ
ディオーネの顔脱毛の特徴
1回お試し3,240円から気軽に顔脱毛♪
痛みゼロのハイパースキン脱毛法だから全然怖くない!
数少ないニキビやアトピー肌の人でも通える敏感肌専門のサロン!
ジェルも38度のホットジェル使用で寒くない♪
他サロンでの経験者の7割が高評価と回答!
医療関係者の人も多数通っている凄いサロン!
他サロンと異なり眉上ギリギリや眉間、唇の境目まで脱毛OK!
美顔効果抜群のフォト美顔の光が3割含まれていてお肌つるつる!
さらに施術後のマル秘パックでお顔をリフトアップ&小顔に♪
現在は全国100店舗で好評営業中!
《店舗数 100店舗》
リアルタイムで実施中の脱毛キャンペーン!
2016年6月30日までの限定
うるツヤお顔脱毛【体験脱毛コース】
⇒ 顔全体脱毛1回3,240円で体験可能
⇒ 美肌パック効果で施術後のつるつる感が最高!
ミュゼプラチナム (圧倒的な知名度と店舗数で人気!)

ミュゼプラチナムのHP

ミュゼプラチナムの顔脱毛のコース内容
コース名称 脱毛回数 料金
鼻下脱毛
あご脱毛
8回
17,664円
(1回2,208円)
シンプルに鼻下やあごの脱毛をしたい人におススメ♪
(全国186店舗で通いやすさNO.1)
ミュゼプラチナムの顔脱毛の特徴
全国的に知名度抜群&店舗数186店舗で通いやすい!
顔脱毛のメニューも多く、シンプルで安くて安心♪
鼻下orあごの脱毛が8回17,664円と十分リーズナブル♪
脱毛後はプラセンタエキス配合のミルクローションでぷるぷる仕上げ!
12回以上のコース申込で両ワキ+Vライン脱毛が無料に!
嫌な勧誘もなく返金制度も整っているので安心!
都合が悪くキャンセルしてもキャンセル料はナシ♪
会員数274万人以上&紹介による利用者5割の実績!
店舗数186店舗!業界最多店舗数!
《店舗数 186店舗》
リアルタイムで実施中のスペシャル情報!
6月のスペシャル価格!
両ワキ&Vライン美容脱毛完了コース
激安100円で両ワキ&Vライン脱毛が何度も通える!
※自分が納得いくまで通えるのはありがたい

「好きな部位1つ」+「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」
1000円でお好きな部位1回(Sパーツなら2回)と両ワキ+Vラインの脱毛が回数無制限!

「4回以上のコースが全部半額!」
来店してクイズに答えるだけで、全てのコースが半額で受けられる!(4回以上のコース)
キレイモ (顔も体のムダ毛も気になる人はコチラ!)

キレイモの顔脱毛

キレイモの顔脱毛のコース内容
コース名称 脱毛回数 料金
顔脱毛(全身33カ所スリムアップ脱毛) 月1回 初月0円
(月額9,500円)
顔の脱毛範囲も広い!
(鼻や眉の上もOK!)
キレイモホームページ
キレイモの顔脱毛の特徴
顔7か所を含む全身33カ所を脱毛!
体のムダ毛も気になるなら思い切ってみるのがお勧め
といっても月額9500円でOK!しかも学生には学割もある!
国産の最新脱毛機械&技術力の高いスタッフでWの安心感!
冷たいジェルを使わないので全身脱毛も寒くなーい♪
スリムアップ効果ジェル使用で小顔効果も期待!
あの人気アイドルやモデルも愛用中のサロン♪
現在全国に41店舗。2016年には50店舗を目指す急成長サロン!
《店舗数 41店舗》
リアルタイムで実施中の脱毛キャンペーン!
2016年6月30日までの限定
全身脱毛33カ所スリムアップ脱毛 初月0円
※顔全体を含む全身脱毛が月額9,500円(初月は0円)
※鼻も脱毛できて気になる黒ずみの原因が減少!
TBC (顔脱毛キャンペーンが安い!)

TBCのHP

TBCの顔脱毛のコース内容
コース名称 脱毛回数 料金
フェイス5 脱毛2回プラン 2回 6,000円
(1回3,000円)
顔全体脱毛が2回6,000円の大チャンス!
(顔全体でこの価格は安い!)
フェイス5 脱毛6回プラン 6回 56,100円
(1回9,350円)
顔全体脱毛が6回56,100円
(実際は2回無料で8回OK)
TBCホームページ
TBCの顔脱毛の特徴
6,000円で顔全体の5部位を各2回ずつ脱毛できるコース!
他サロンで除外されがちなおでこやほほも含まれていて完璧!
TBCの最高級トリプル美肌ケアが毎回付く!
プラセンタ&コラーゲン&ヒアルロン酸でバッチリ美肌
長年のフェイシャルエステで培った美顔技術がすごい♪
同時に美顔と脱毛を実現したいならTRYあるのみ!
都道府県まんべんなく全国に134店舗以上あるのも便利!
TBCのもう1つのプラン【終わりのある脱毛】もおすすめ♪
↑↑今生えているムダ毛を全部処理するプラン♪
《店舗数 134店舗以上》
リアルタイムで実施中の脱毛キャンペーン!
2016年6月30日までの限定
フェイス・5脱毛2回プラン 6,000円
※TBCの美肌効果の高い顔全体5部位対象で2回6,000円は安い!
※当日6回プランを契約すれば同じ料金で8回分の脱毛が出来る!
...

顔脱毛と全身脱毛を別々に行うメリットはあるのか

顔脱毛と全身脱毛を別々に行うメリットはあるのか

脱毛サロンは掛け持ちが自由なので、顔と全身を別々のサロンで施術することもできます。

それなら顔と全身を別々のサロンで受けてみたいと思うかもしれません。

しかし顔脱毛と全身脱毛を別々に行うのに何かメリットはあるのでしょうか。

顔脱毛は対応しているサロンが限られている

脱毛専門サロンであっても、脱毛できないパーツがあります。

顔やI、Oラインは脱毛に対応していないサロンもありますね。

それに顔脱毛ができるサロンでも、頬から上は対象外になることが非常に多いです。

顔のムダ毛の悩みや鼻下だけではなく、おでこやもみあげの悩みも非常に多いです。

また、顔の脱毛に得意なサロンだからといって、全身脱毛が安いとは限りませんよね。

全身脱毛はとても高いので、価格を重視したい人も多いはずです。

ですから全身脱毛は格安サロンで申込んでおいて、顔だけは広い範囲に対応しているサロンに通う方法は十分にメリットがあります。

顔と体のムダ毛は毛質が異なる

全身脱毛でも顔が含まれている場合とそうじゃない場合があります。

まとめて申し込めたらとても楽だとは思うのですが、なかなかうまく脱毛が進まないのです。

顔のムダ毛は体のムダ毛に比べると、とても細く色も薄いでしょう。

そのためフラッシュ脱毛ではなかなか抜けません。

同時に始めたひざ下はよく抜けてそろそろ完了しそうなのに、顔だけは全然進まないこともあります。

毛質が異なるからこそ同時に行うのではなく、別々のプランを組んで進行させた方が捗るのです。

また、顔脱毛の効果発揮させるためには、別の技術を選ぶ方法もあります。

ほとんどのサロンではフラッシュ脱毛のみなので、別の技術を受けたければ別のサロンやクリニックを探す必要があります。

別々のサロンに通うならここに注意

顔、全身とそれぞれに得意サロンがあれば別々のサロンを選んで通うのも十分にアリです。

しかし別々のサロンに通うなら、スケジュール管理に注意しなくてはなりません。

予約時間のバッティングはもちろん、うっかり忘れてしまってキャンセルしてしまわないようにしましょう。

掛け持ちするサロンが多くなればなるほど、予約の管理は面倒になってきます。

時間をずらせば同じ日に予約を入れてもいいのですが、その場合には両方の脱毛サロンの位置が重要になってきます。

あまりにも離れていると、移動するのが大変でしょう。

掛け持ちする際には通いやすさも忘れないようにしたいですね。

顔脱毛しにいくときに気を付けたい身だしなみは?

顔脱毛しにいくときに気を付けたい身だしなみは?

ワキや足はもう当たり前、これからは顔脱毛が常識です。

でも顔の脱毛をしにいくのに、何か気をつけるべき点はあるのでしょうか。

思い切って顔脱毛に申し込んだら、身だしなみの注意点をチェックしましょう。

服装は自由

VIOライン脱毛なら、締めつける下着がいけないなど注意しておくべき服装があります。

しかし顔は普段から服で隠すところではないので、特に服装で制限されることはないでしょう。

仕事帰りでもデート帰りでも、好きな格好のままサロンにきて大丈夫です。

ただし、少しだけ気をつけて欲しいのは、顔周りに近い部分についてです。

冬になるとふんわりとしたタートルネックのニットを着る人もいますが、あまりにもネック部分が高いと顔脱毛の時に邪魔になります。

顔脱毛当日は襟ぐりが開いたものにし、マフラーなどで防寒するようにしましょう。

厚化粧はやめたほうがいい

社会人の女性として、最早外出するときのメイクは重要な身だしなみですね。

もちろん脱毛サロンにもメイクをして来店していいのですが、施術前には落とさなくてはいけません。

そのために早めにサロンに到着する必要があります。

メイクを落とすための道具はサロンによって用意されていないこともあるので、その場合は持参しましょう。

メイク拭き取りシートも便利ですが、種類によっては成分が肌へ強い刺激を与えてしまいます。

できればいつも使いなれているクレンジング剤の方がいいですね。

その際にあまりにも厚化粧だと、メイクを落とすのに手間がかかってしまいます。

慌ててクレンジングしようとすると肌にも普段がかかってしまいます。

紫外線対策のためにもメイクは大切ですが、落とすときのことを考えて厚化粧はしないようにしましょう。

マスクがあると便利

メイクを落とさなくていけないなら、最初からしない方が楽ですね。

もちろんスッピンで脱毛サロンにきていいのですが、紫外線対策だけには注意しましょう。

軽く日焼け止めは塗っていた方がいいですね。

また、顔脱毛の当日にスッピンでいたい人に便利なのが、マスクです。

マスクは鼻から下の顔半分を隠すことができます。

スッピン隠しに使う人も多いのではないでしょうか。

だから顔脱毛でスッピンのままいたいときにも、マスクがあれば便利です。

鼻下の脱毛であれば、アイメイクだけばっちりしておいて鼻下・口周りは化粧しないでマスクで隠しましょう。

紫外線対策もできるしファンデーションの負担も掛けずに済み、肌にとっては一石二鳥ですよ。

顔ダニに注意!顔脱毛をしても大丈夫?

顔ダニに注意!顔脱毛をしても大丈夫?

顔ダニって聞いたことがありますか?

非常にショッキングな言葉ですが、実は誰の顔にもいるのです。

しかし様々な肌トラブルの原因にもなるので、顔脱毛への悪影響が心配ですね。

顔ダニとは

顔ダニは誰の顔にも潜んでおり、かゆみやニキビのような症状の原因にもなります。

洗顔で清潔にしたつもりでも、なかなか顔ダニは消えません。

やっかいなことに肉眼で見えるものではないのです。

多くの人の顔に潜んでいるなら放置しても問題がないように思えますが、ダニに対するアレルギーで肌が真っ赤になる人もいます。

さらに顔ダニから排出される物質のせいで毛穴がふさがれ、吹き出物になってしまうこともありますね。

洗顔をするときにしっかりとすすがないと顔ダニが増殖してしまう恐れがあります。

肌トラブルが悪化してなければ問題なし

目に見えない顔ダニのせいで、顔脱毛を止める必要はあるのでしょうか。

そもそも見えないものなのに、顔ダニが悪さしているかどうか判断するのは難しいです。

ニキビが悪化していたり炎症を起こしていなければ、顔脱毛を通常に行って大丈夫です。

顔脱毛を中止すべきかどうかの判断は、肌の状態で行いましょう。

顔ダニ対策で顔脱毛が捗る

顔ダニは増殖するとやはり肌荒れの原因になり、顔脱毛ができなくなってしまいます。

だから決して放置していいものではありません。

顔ダニが増殖する原因のひとつは、やはり不潔な状態にあることです。

メイクを落とさない、汗をかいても洗顔しないという人の顔は、顔ダニにとっても格好の標的になるでしょう。

皮脂汚れは顔ダニの大好物なので、やはりしっかりとクレンジングして洗顔する必要があります。

だからといって洗い過ぎも乾燥肌に悪いです。

夜にしっかりとクレンジングと洗顔を行い、朝は洗顔料を使わずお湯だけで洗いましょう。

清潔な手で保湿を行うのも忘れないで下さい。

洗顔料が顔に残らないようにするのも大切です。

最近では顔ダニを駆除してくれる石鹸も販売されています。

顔ダニが原因だと思うなら、そのようなグッズを使ってみるのもいいでしょう。

さらに皮脂の分泌量のバランスを整えるためにも、過度な油脂の摂取も気をつける必要があります。

清潔に保ち食事のバランスを整えておけば、顔ダニによる肌トラブルが起きるリスクも最小限に抑えることができます。

また、抵抗力が落ちていると肌荒れもしやすくなります。

寝不足、ストレスもよくないので、できるだけ休息を取りましょう。

短期集中で脱毛を終わらせたいが裏技はある?

短期集中で顔脱毛を終わらせたいが裏技はある?

顔脱毛に限らず、脱毛はとても時間がかかりますよね。

でも顔のムダ毛は濃くないので、サッサと終わらせたくなります。

有給や連休を使ってどうにか短期集中で顔脱毛を終わらせたくなりますが、裏技はあるのでしょうか。

顔脱毛は時間がかかるのが当たり前

脱毛期間中は色々と注意しなくてはいけない点があるため、早く終わらせたくなるのも分かります。

しかし顔脱毛は時間がかかって当り前なのです。

そもそも脱毛自体、時間がかかるものです。

私たちの体中に生えている毛は、実は全てではありません。

ほんの2割から3割程度なので、残りの毛は皮膚の下で休んでいるのです。

それらの毛が生えてきた頃を見計らって脱毛しなくてはいけないので、脱毛は1年も2年もかかってしまうのです。

残念ながら皮膚下で休んでいる休止期の毛は、脱毛ができないんですね。

場所や体質にもよりますが、休止期の毛が生えてくるまで数ヶ月かかることもあります。

さらに顔のムダ毛は毛質が細く、フラッシュ脱毛では効果がうまく発揮できないという問題点もあります。

そのため多く施術回数を重ねなくてはならないので、長期間根気強く続けなくてはいけないのです。

早く終わらせたいならニードル脱毛?

フラッシュ脱毛はどうしても顔脱毛への効果が弱いので、2年ぐらいかかることも多いですね。

でもニードル脱毛は毛の色素に関係なく高い効果を発揮できるので、顔脱毛でも短期間で終わらせることができます。

もちろん毛周期は短縮できないので、最低限1年間は想定した方がいいでしょう。

ただし、ニードル脱毛はとても強い痛みを生じます。

刺激も強いため、痛みに弱く肌がデリケートな人には向いていないでしょう。

地道にフラッシュ脱毛するなら無駄な時間はかけないこと

脱毛サロンに通えるのは2ヶ月に1回程度、顔脱毛なら1ヶ月に1回のこともありますね。

頻繁に通うと今度は肌への刺激が強過ぎて炎症を起こしてしまう危険性があります。

それに毛周期があるので、あまり短期間で頻繁に通っても効果はあまり出ないでしょう。

1ヶ月に1回通えれば一番いいのですが、予約が取れないなら別のサロンに移動してみるのもいいでしょう。

また、肌荒れや体調不良があると脱毛ができなくなります。

せっかく入れた予約をキャンセルして脱毛期間を長引かせないために、常日頃から肌の管理には気を付けたいものです。

保湿、睡眠、栄養管理に注意して、肌トラブルを防ぐことが一番の近道ですよ。

脱毛中にしつこい勧誘にあったらどうする?

顔脱毛中にしつこい勧誘にあったらどうする?

顔脱毛をしたいと思っていても、勧誘されるのではないかと気になってなかなか踏み出せない人も多いですね。

確かに顔以外に特に申し込む必要がなければ、しつこい勧誘は困ります。

ではもし顔脱毛中にしつこい勧誘にあったらどうすればいいのでしょうか。

前もって断る理由を考えておこう

昔と比べると脱毛サロンの勧誘はかなり少なくなっています。

しつこい勧誘をしてしまうと評判が悪くなり、客離れに繋がってしまうから慎重になるサロンも多いのです。

それでも脱毛サロンでは顧客を獲得したいので、勧誘は多少あると思っていた方がいいかもしれません。

しつこい勧誘じゃなくても意志の弱い人や何も考えずにサロンに行く人は、うっかり必要のないプランの契約をしてしまいがちです。

大事なのは、前もって断る理由を考えておくことです。

例えば、自分ではお金のことに関して決定権がないとアピールするのもいいでしょう。

それでも食い下がるようならこの後用事があるのでと、ぴしゃりと話を止めてしまうのも有効です。

必要じゃないものは申込まない、即決しないと強い意思を持ち、無料カウンセリングに臨みましょう。

もちろん説明を聞いて自分が納得しているのであれば、顔脱毛以外に申込んでも構いません。

万が一断り切れずにいらないプランを契約してしまったら、クーリングオフをしましょう。

ただし契約金額が5万円を超えて尚且つ契約期間が1ヶ月を超えないと適用されません。

できるだけそのようなことにならないためにも、前もって準備しておきたいですね。

口コミをチェック!無料カウンセリングも友だちと一緒に

勧誘されるのが怖いというなら、前もって口コミをチェックしえときましょう。

その際にはできるだけ新しい口コミを参考にします。

実際に通った人の感想で、勧誘がどれくらいだったのかを判断します。

ノルマを消化するのに必死で運営が厳しいところだと、勧誘がきつくなる傾向にあります。

人気サロンで落ち着いた雰囲気のところを選ぶのも大切ですね。

また、どうしても不安が取れないという人は、無料カウンセリングのときに誰か友だちを誘いましょう。

友だちと一緒なら安心ですし、冷静になりやすいです。

万が一しつこい勧誘にあっても、友だちと一緒なら断りやすいですね。

無料カウンセリングのときにはスタッフの対応もチェックし、自分に合わないと思ったら別のサロンを探すのが一番です。

何ヶ月も通わなくてはならないのですから、最初の段階で慎重に選んでおきたいものですね。

家庭用脱毛器で顔のムダ毛も処理をすることはできるのか

家庭用脱毛器で顔のムダ毛も処理をすることはできるのか

顔脱毛くらいなら、普段の肌のお手入れのついでにサッと自分でもできそうな気がしませんか?

最近では性能のいい家庭用脱毛器がたくさんあります。

そこで、家庭用脱毛器を使って顔脱毛ができるのかを調べてみました。

顔脱毛に対応している機械は多い

家庭用脱毛器でも脱毛サロンと同じ様に、フラッシュ脱毛ができるタイプが登場していますね。

フラッシュ脱毛はメラニン色素に反応するマイルドな光を肌に当てるだけで脱毛ができる技術です。

機械にもよりますが、ほとんどが顔に対応しています。

顔にも対応している家庭用脱毛器なら、もちろん顔脱毛ができますよ。

また、顔や体などあらゆる部分のムダ毛を処理するつもりなら、できるだけ細かく出力を調整できるタイプの機械を選びましょう。

家庭用脱毛器で顔のムダ毛処理をするときの注意点

範囲が狭い顔だからといって、脱毛が簡単なわけではありません。

家庭用脱毛器を使うなら色々と気をつけないといけない点がたくさんあります。

まず、ホクロや傷跡など、色素沈着がある部分には光を当ててはいけません。

フラッシュ脱毛の光はメラニン色素に反応してしまうので、火傷してしまう恐れがあります。

どうしても避けられない場合は、光をカットするようなテープで保護することが大事です。

また、同じ理由で目に光が当たっては危険です。

その場合には光をカットするゴーグルを装着する必要があります。

同じところに連続して照射する二重打ちや打ち漏れ、そして短期間で何度も脱毛するのも禁物です。

顔の肌はデリケートなので、注意点をしっかりと守って脱毛しましょう。

家庭用脱毛器は効果が弱い

家庭用脱毛器はどうしても業務用と比べると、脱毛効果が弱いです。

あまりにも高いパワーだと素人が使用する時に危険だからです。

それに高価になり、個人では購入するのが難しくなります。

顔のムダ毛はフラッシュ脱毛では効果が出づらいので、根気強く脱毛する必要があります。

脱毛サロンでも効果が弱いのに、家庭用の機械だと余計に時間がかかってしまいます。

あまりにも長期間かかりすぎて、家庭用の機械での顔脱毛に挫折してしまったという人もいるくらいです。

それに機械を自分で所有して使う場合、メンテナンスも必要です。

好きな時間に脱毛できるのはとてもいいことなのですが、面倒なことも多いですね。

どうしても面倒な部分に耐えられない、もっと効果を出したいという人には、やはり脱毛サロンでプロにお願いするのが一番いい方法ですよ。

脱毛中に注意したい日焼け止めの選び方

顔脱毛中に注意したい日焼け止めの選び方

顔脱毛中には日焼けが厳禁ですよね。

紫外線を防ぐためにも、日焼け止めは欠かせない存在です。

しかし大事なお肌に塗る日焼け止めですから、適当に選んではいけませんよ。

SPFの数値が高い方がいい?

日焼け止めはSPFとPAという2種類の基準があります。

紫外線には2種類あり、SPFとPAではそれぞれの紫外線を防ぐ指標でもあります。

SPFは数値が高ければ高いほど、PAは+の数が多いほど紫外線カット力が高いという判断ができます。

少しでも日焼けをしたくない人は、数値が高くて強力なものを選ぼうとしますよね?

しかし、SPFの数値が高いものを選べばいいというものではありません。

あまりにもSPFの数値が高いものは肌にとってあまりよく無い成分が入っているのです。

気を付けたいのは紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤はその名のとおり一旦紫外線を吸収し、それから熱エネルギーに変換して肌へ浸透するのを防ぐ成分です。

SPF値が高いものはこの紫外線吸収剤を使用しているものがほとんどです。

この紫外線吸収剤はあまり肌にいいものではないので、できれば不使用のものを選びましょう。

紫外線吸収剤を使っていないものは散乱剤を使っており、多少は肌への負担は少なくなっています。

他にもアルコールで肌がヒリヒリしてしまうこともあります。

脱毛直後は肌がデリケートなので、日焼け止めも成分を気にして選んだ方がいいでしょう。

ですからSPFの数値にはこだわらず、天然由来でマイルドな日焼け止めを選ぶのが一番です。

屋外でマリンスポーツをするわけでもなければ、SPF50という強力な日焼け止めを使う必要はありません。

SPF値が低くてもコマメに塗りなおせばいいので、日焼け止め以外でも防止や日傘を活用し紫外線対策をしましょう。

買い物程度であればSPF20、PAは+程度で十分です。

日焼け止めもクレンジングでしっかりと落とす

スッピンでいたい日には、メイクをせずに日焼け止めだけ塗って外出するときもあります。

日焼け止めだとつい石鹸だけで洗い流して終わりにしがちですが、できればクレンジングでしっかりと落とすのが大事です。

日焼け止めの中に含まれている成分が肌に残ったままでは、やはり肌にはよくありませんよね。

面倒かもしれませんが日焼け止めだけで済ませた日でも、メイクをした時と同じ様にクレンジングと洗顔をして下さい。

そしてその後にしっかりと保湿するのも忘れてはいけません。

顔脱毛すると乾燥肌になるって本当?

ムダ毛と名前がついてしまうぐらいなら最初から生えてこなければいいのに・・・と考える方も多いでしょう。

しかしただ無駄に生えている訳ではなく、肌を守るという役割があったんです。

ムダ毛があることにより、肌が守られ、外部からの刺激を守ってくれているんです。

顔脱毛でより肌ケアがしやすくなる!

しかし、現代においては、ケア用品や化粧品などにより、肌を潤すことができるので、顔脱毛しても乾燥肌になる心配はありません。

それどころか、顔脱毛することにより、じゃまなムダ毛がなくなり、より化粧水などしっかり浸透させることができるようになります。

また、脱毛後は毛穴も引き締まりますので、吹き出物や黒ずみも気にならなく美肌になるんです。

さらに、なにより、脱毛しないにしてもムダ毛は放っておくことはできませんよね。

自己処理は、サロンの脱毛と比べると肌へダメージを与えやすくなるんです。

例えば、自己処理の中でもカミソリを使って顔のムダ毛を処理する人は多いでしょう。

カミソリはムダ毛をサッと剃ってくれますが、肌の表皮までも剃り落としてしまっているんですよ。

しかも、また生えてくるので剃り続ける為、ずっと乾燥肌が続いてしまうんです。

それに比べてサロンでの顔脱毛なら、数回通うだけですっきりできます。

もちろん、自己処理も不要になるので、肌が荒れやすかったり、乾燥肌が改善されることもあるんです。

早速キャンペーンで試してみよう

自己処理と比べるとサロンでの顔脱毛は高く感じるかもしれませんが、乾燥肌が続き高い化粧品を使い続けることを考えたら、脱毛した方が安い場合も多いんです。

なにより、前より荒れにくいのでケアも減り快適になることは間違いありません。

さらに、いつでも見た目が綺麗で、処理し忘れてうっかりムダ毛が残ってたということもなくなります。

まずは、一度サロンでの顔脱毛を試してみてください。

キャンペーンを利用すれば、より安くお得に顔脱毛できますよ。

結婚前に顔脱毛を済ませるのがおすすめ!

顔脱毛は結婚前に済ませておきましょう。

結婚前の顔脱毛がおすすめの訳とは

●ブライダルエステでのシェービングの必要なし!

結婚前にはほとんどの花嫁がブライダルエステを受けます。

主役であり、多くの人に注目もされますし、より綺麗でいたいですからね。

ブライダルエステでは顔のシェービングを行う人が多くなります。

顔の産毛がなくなることで、肌の色がワントーン明るくなり美肌効果もありますし、化粧ノリも良くなるんです。

しかし、シェービングでは、またムダ毛が生えてきてしまいます。

また万が一カミソリ負けになってしまったり、数日前に剃ったが結婚当日生えてきてしまった・・・なんて失敗があるかもしれません。

事前に顔脱毛しておけば、これらの心配もなく、忙しい結婚式前にシェービングする必要なく手間が省けます。

また、その分他のケアをしっかり行うことができちゃいますね。

●早く脱毛すれば、その分綺麗を保てる&コスパもいい!

どうしようかな~っといつまでも脱毛を先延ばしにするよりも、早く脱毛するのが一番です。

それだけ早く綺麗になれますし、自己処理により肌を傷つけることも減らすこともできます。

また、より長くムダ毛がない顔になれるので、コスパも高くなるんですよ。

結婚式直前では間に合わないので今すぐ始めよう

しかし、顔脱毛は1回サロンに行くだけでは終了しません。

数回通えばいいだけですが、毛周期に併せて数ヶ月おきとなると、1年以上かかってしまうこともあります。

結婚式が決まってからでは遅い場合もありますし、早く始めて損はありませんので、今のうちから顔脱毛を始めておきましょう。

顔脱毛は着替えが不要なサロンもあり、脱毛初心者でも気軽に通いやすいんですよ。

もちろん、結婚式が決まっている人も当日までに脱毛を完了することはできませんが、自己処理を続けるよりもサロンで顔脱毛を始め少しでもムダ毛を減らしておきましょう。

間に合わない場合、結婚式前にシェービングが必要となることもありますので、サロンと通い方をしっかり相談しておきましょうね。

顔脱毛中の日焼け止め使用について考えよう

顔と襟足のムダ毛は要注意!知らずに恥をかかないためには

美肌を目指す人にとって、日焼けは大敵です。

特に顔脱毛中の日焼けはトラブルの素になるので、細心の注意が必要です。

紫外線を防ぐためには日焼け止めが便利ですが、使用する際には色々と注意が必要です。

日焼け止めの成分を知ろう

肌が日焼けしないようにするための日焼け止めには、主に以下の2つの成分が含まれています。

・紫外線吸収剤

・紫外線散乱剤

吸収剤は肌に紫外線が届かないように、吸着させて外へ逃がすためのものです。

散乱剤はその名前の通り、紫外線を散乱させて肌へ到達させないようにするためのものです。

そのうち、肌への影響が問題視されているのは紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、熱エネルギーに変化させるという化学反応が起こります。

その作用のおかげで肌へ紫外線を浸透させずに済んでいるのですが、肌への負担も心配です。

強力な日焼け止めは、紫外線吸収剤を使用しているものが多いです。

肌へのことを考えるなら紫外線吸収剤は不使用で紫外線散乱剤のみ使用しているものがいいとよく言われます。

ただし紫外線散乱剤も絶対に安心というわけではありません。

アレルギー体質の人は散乱剤に含まれているチタンなどが合わないこともあるので、注意が必要です。

日焼け止めは長時間肌につけっぱなしにしない!

ちょっとした外出ぐらいなら肌への負担が少ない紫外線散乱剤を使用した日焼け止めがいいと言われています。

しかし、どうしても直射日光が避けられない場合、カバー力を優先させて紫外線吸収剤タイプの日焼け止めが有効なときもあります。

気をつけてほしいのは、その使い方です。

紫外線吸収剤は肌へ塗っている時間が長いと、負担をかけてしまうことになります。

屋内に戻ったら一旦クレンジングでしっかりと落として、それから肌を整えるようにしましょう。

1日の終わりなのに日焼け止めを落とさないまま放置したり、軽く水洗いだけで済ませたりするのは一番肌によくないことです。

肌に優しいタイプの日焼け止めを塗っていたとしても、日焼け止めの成分について知らなければ意味がありません。

オーガニックと言っても結局は吸収剤、散乱剤が使われていることもあります。

散乱剤のみでも肌につけっぱなしがいいというわけではないので、落とすときには丁寧にクレンジングをしましょう。

顔脱毛中は日焼けが大敵なので全く日焼け止めを使わないようにするのも大変ですが、できるだけ使用は短期間に抑えるようにしたいですね。

顔脱毛中は美白化粧品を使用してもいい?

顔脱毛と毛穴の引き締め効果

透明感のある白い肌は、女性の憧れです。

美白を目指すための化粧品も数多く発売されていますね。

顔脱毛に関心のある人は美白にも関心があると思いますが、同時に進行させていいのでしょうか。

美白と顔脱毛の相乗効果

顔脱毛では肌色のトーンが明るくなり、メイクのりが良くなるメリットがあります。

そして美白化粧品は、肌自体の美白を目指すためのものです。

その二つが組み合わされば、効果は倍増します。

白い肌もムダ毛脱毛でより白く明るく見えるようになりますね。

顔脱毛を考えているなら、むしろ美白についても関心を持ってもらいたいものです。

また、フラッシュ脱毛は黒ずみがある部分の施術は痛みが強くなってしまう性質があります。

そのようなことを防ぐためにも、美白ケアを進めてから脱毛に乗り出すのもいいことですね。

美白してから脱毛すれば、痛みが強くなることもありません。

美白化粧品の主な種類

美白化粧品といっても、そのほとんどは肌を白くするような漂白作用を持っているものではありません。

メラニンの生成を抑えてシミの発生を防ぐにとどまる化粧品も、美白化粧品と呼ばれることもあります。

今あるものを無くすというよりも、これから生成されるメラニン色素の沈着を防ぐような成分を含んでいるものが多いですね。

もちろん、肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンのような強い成分もあります。

脱毛中の美白化粧品使用

脱毛と美白は並行してもいいんですが、美白化粧品によっては肌への刺激が強いものもあります。

例えば美白成分として有名なビタミンCでも、濃度が高いとピリピリします。

ハイドロキノンも成分が強い分、人によっては肌に合わないケースがあります。

脱毛施術直後は肌が刺激に敏感になっているため、強い成分だとかぶれてしまう可能性もあります。

脱毛施術を受けたばかりのときには、できるだけ肌へ刺激が少ない化粧品に切り替えた方がいいかもしれませんね。

2週間程度空けてから美白ケアを再開すれば安心ですが、医師に処方してもらったような美白化粧品なら相談が必要です。

顔脱毛をしていることを告げ、そのまま並行して進めていいのか相談しましょう。

また、どんなものでも肌に塗る場合にはパッチテストをした方が安心です。

顔にシミが残ったら目立ってしまいますし、消すためにはかなり長い期間をかけてレーザー治療していかなくてはなりません。

美白を望む場合でも、新しいものを導入する場合は慎重になりましょう。

顔脱毛後に美白になるって本当のこと?

顔脱毛でなぜメイクのりが良くなる?

顔脱毛をしたら肌が白くなったなんて人もいますね。

ムダ毛処理と美白ができるなら、これほど嬉しいことはありません。

でも実際にそのようなことがあるのでしょうか。

白くなったと勘違い?

もしかしたら美白ができたのではなく、白くなってみえるという勘違いかもしれません。

日本人の毛は比較的黒っぽいため、顔を覆っている産毛のせいでくすんでみえることがあります。

欧米人はあまり顔剃りをしませんが、日本人に顔剃りをするのが多いのはそのせいです。

顔脱毛をしてムダ毛が無くなってしまえば、肌表面を覆っていた黒っぽいものが無くなるわけです。

そのため、顔色が明るくなってみえます。

肌の色が白くなったわけではありませんが、明るくなってみえるということは脱毛の効果が明らかに出ている証拠です。

頑張って続けていきたいものですね。

ターンオーバー活発で細胞の生まれ変わり

毛が無くなったから白くなってみえる、そんな勘違いではなくて明らかに肌が白くなっていると主張する人もいます。

もしかしたら肌のターンオーバーが活発になったからかもしれませんね。

フラッシュ脱毛で使用する光は、実はフォトフェイシャルという美顔エステで使用される光源と同じものです。

肌の真皮層に働きかけて、ターンオーバーを促したり張りを促進したりする美顔方法です。

もしそのような効果があるなら、顔脱毛のときの思わぬ副産物として美白があるかもしれません。

ターンオーバーが活発になれば、肌に蓄積されていたメラニン色素も排出され、シミが定着しにくくなります。

つややかな若い肌になれそうですね。

紫外線対策を気にするようになったから

顔脱毛をするようになると、何かと顔の肌に気を配るようになります。

特に顔脱毛中の紫外線は大敵なので、徹底して日焼け対策をするでしょう。

乾燥すると肌荒れしやすいので、保湿も十分に行います。

これまで以上意識して肌ケアをするようになり、それが結果的に美白に繋がってくると考えることもできます。

せっかくムダ毛が無くなっても肌が荒れていては台無しです。

よりキレイに見せるためにも、顔脱毛を並行してスキンケアに励んでいきたいものですね。

アートメイクは顔脱毛に何か影響がある?

脱毛の注意点のひとつは化粧かぶれ

メイクを取ってしまうと顔がぼやけてしまい、別人のようになってしまうという人は多いですね。

でもそんな悩みを解決するのが、アートメイクです。

アートメイクをしていると、顔脱毛に何か影響があるのでしょうか。

アートメイクとは

アートメイクはタトゥーのように、肌に着色をしていく方法です。

眉やアイラインなどをアートメイクで施すと、メイクを落としても残ります。

つまり、スッピンでもくっきりとした顔立ちを保つことができます。

最初から眉やアイラインがバッチリ決まっているので、メイクの時間も短縮できますね。

顔にタトゥーなんて怖い!と思うかもしれませんが、実際にはタトゥーよりかなり浅い部分への着色で、やり方も異なります。

脱毛への影響は?

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は、メラニン色素に反応してしまいます。

そのためアートメイク部分への照射はできませんし、そこから距離を離して施術する必要があります。

もしアートメイク部分に光を当ててしまったら、熱が発生して火傷してしまうかもしれません。

ただし、一般的にアートメイクは眉毛とアイラインぐらいなので、それほど顔脱毛には影響ないでしょう。

眉間の脱毛などアートメイクに近い部分の施術はできないかもしれませんが、鼻下やもみあげなどは特に問題はありません。

アートメイクはメンテナンスが必要

アートメイクは非常に浅い部分へ色を入れていくので、時間とともに色も褪せてきます。

色が薄くなればメンテナンスをする必要があります。

色が薄くなるのは個人差があり、何年も持つ人もいれば1年で色の入れ直しをする必要が出てくることもあります。

アートメイク部分を避けて施術すれば脱毛も特に問題はないのですが、色を入れるときにはやはり痛みが生じます。

施術したばかりは肌も落ち着かないでしょう。

そのため、脱毛施術とは連続して行わないようにした方がいいです。

もし脱毛とアートメイクを同時に始めたいと思うなら、施術時期は十分に離しておきましょう。

顔のムダ毛は脱色・脱毛、どっちがお得?

脱毛を受ける際は花粉にも注意

顔のムダ毛対策方法として、脱色する方法があります。

毛を剃るわけでもなく抜くわけでもないので非常に手軽にできそうですが、果たして脱毛と比べるとどちらがお得なのでしょうか。

顔に脱色剤を塗るのは危ない!

顔用の脱色クリームもありますが、あまりいい方法ではありません。

脱色剤に入っている成分は非常に刺激が強く、肌に弱い人だと炎症を起こしてしまう恐れがあります。

その主な成分はアルカリ剤です。

顔だとムダ毛だけに脱色剤を塗るのが至難の業なので、どうしても肌へついてしまいます。

それに万が一目に垂れてきてしまっては非常に危険です。

どうしても使いたい場合は絶対に顔専用のクリームを使い、目の周りには使用しないようにしましょう。

脱毛がいい理由

コストパフォーマンスは脱色剤がずっといいような気もしますね。

確かに脱毛は何万もしますから、なかなか気軽に受けることができないでしょう。

脱色剤なら、ドラッグストアなどで1,000円以下で購入することもできます。

しかし、脱色剤はあくまでも色を抜いてごまかしているだけです。

色を抜くぐらいでは、思ったような効果がないのです。

外の明かりの下だと、脱色した毛がキラキラと目立ってしまいます。

それよりは多少お金はかかっても、ちゃんと脱毛した方がずっとお得です。

安いお金で済んでも、毛が目立ったままなら意味がありませんよね。

家庭用の脱毛器は注意!

脱色剤が思ったより効果がないため、脱毛にシフトしたいと考える人も多いです。

脱毛サロンは高いので、自分の都合に合わせていつでも脱毛ができる家庭用の脱毛器に注目が集まります。

家庭用の脱毛器は確かに便利です。

今ではフラッシュ脱毛器もありますし、簡単に自宅でムダ毛のお手入れができます。

ただし、家庭用の脱毛器を使用する時には注意が必要です。

フラッシュ脱毛は重ね打ちに注意しなくてはいけませんが、素人はついうっかりやってしまいがちです。

同じ箇所に連続して光を照射してしまうと、いくら家庭用の脱毛器でも火傷のリスクが出てきます。

また、顔は目の中に光が当たらないように注意する必要があります。

1人で完璧に顔脱毛するのはかなり難しいものがあります。

確かに気軽にできるという点では非常に高いメリットがあるものの、家庭用脱毛器は出力も弱くあまり効果を発揮しにくいものです。

仕上がりを重視するなら、やはり脱毛サロンです。

施術の難しい顔脱毛だからこそ、プロにお願いするのが無難ですよ。

くすみが気になるけど顔脱毛に影響はない?

顔脱毛でなぜメイクのりが良くなる?

顔全体が何となくくすんでしまって・・・そんな悩みを持つ人もいます。

フラッシュ脱毛はメラニン色素に反応する光を照射するので、濃い色素がある部分への施術は心配です。

はだしてくすみのある肌だと、顔脱毛ができなくなることってあるのでしょうか。

くすみ程度なら問題なし!

顔がなんとなくくすんでいる、それくらいなら特に顔脱毛は問題ありません。

もしかしたらそのくすみは、顔のムダ毛のせいかもしれませんよ。

細くても黒いムダ毛が顔全体を覆っていると、顔色をくすませてしまいます。

そのムダ毛を取り除けば1枚ベールを剥がしたように、顔色がパッと明るくなります。

メイクのりも格段によくなりますね。

顔剃りは黒っぽいムダ毛を取り除いて、メイクのりをよくするためにするものです。

顔脱毛してしまえば、肌を傷つける顔剃りも必要なくなります。

また、実際に肌がくすんでしまっている場合でも、大抵は顔脱毛ができます。

ただし日焼けで黒くなっている場合は、できない可能性があります。

実際は施術前に脱毛サロンのスタッフが判断しますから、利用者は安心してお任せしましょう。

ホクロ・傷跡は注意して

肌のクスミ自体はそれほど気にする必要はありませんが、くっきりと色が残っている場合は注意が必要です。

例えばホクロ、傷跡の色素沈着などです。

そのように誤ってフラッシュ脱毛の光を照射してしまうと、熱が発生してしまい炎症や火傷の恐れがあります。

脱毛サロンではこのような心配のある部分には、光が反応しないようにシールを貼ってカバーします。

家庭用脱毛器を使用している場合はホクロのカバーなどが忘れがちなので、特に注意が必要ですよ。

色に左右されない脱毛もある

顔にホクロやそばかすがあると、その周囲の脱毛ができなくなってしまい、部分的にムダ毛が残ってしまいます。

でも脱毛技術には、色に左右されないものもあります。

それはニードル脱毛です。

ニードル脱毛は毛穴に直接針を刺して1本ずつ脱毛を行う技術ですが、毛のメラニン色素に反応するものではありません。

そのため肌の黒い人でも施術を受けられますし、白髪や金髪でも施術できます。

ホクロの近くでもそばかすが密集しても、ニードル脱毛なら問題無く施術を受けることができます。

ただし、痛みが非常に強く、パワーが強い分火傷などのリスクも高まります。

デリケートな肌の人には向いていないこともあるので、十分に検討してから決めるようにしましょう。

飲酒はNO!顔脱毛中に避けた方がいい理由とは

鼻下が男性なみかも!顔脱毛料金は変わる?

脱毛サロンでは施術前後にアルコール摂取を避けるようにと注意喚起しています。

ではどうして脱毛前後の飲酒がよくないのでしょうか?

顔脱毛中でも避けた方がいいのか、あるいはその理由について考えてみましょう。

体温急上昇で肌トラブルを招く

顔脱毛だろうが足の脱毛だろうが、施術前後の飲酒は避けるべきです。

その理由は体温が急上昇してしまうからです。

お酒を飲むと血行がよくなり、暑くなってしまうのではないでしょうか?

そのような状態になると、肌はトラブルを起こしやすくなります。

元々肌トラブルがあると飲酒により、かゆみや痛みが増してしまうことがあります。

脱毛施術直後は内部に熱がこもっている状態なので、できるだけ早く熱を逃がしてやらなくてはなりません。

それなのに飲酒をしてしまう行為は、肌によって非常に悪いことなのです。

もし飲酒をしてしまうと肌はかゆくなるだけではなく、ひどい場合は炎症を起こして赤見が引かなくなることもあります。

かゆいところをかいてしまうと傷跡になり、色素沈着を起こしてずっと黒ずみで残ってしまうケースもあります。

そんなトラブルを避けるためにも飲酒は避けましょう。

また、アルコールが残った状態での脱毛施術もできません。

お酒が好きな人でも、せめて脱毛の前日・当日・翌日ぐらいは禁酒をしましょう。

禁止されるのは飲酒だけでは無い!

飲酒が禁止されるのは、体温が急上昇してしまい肌の内熱が逃げにくくなってしまうからです。

それと同じ理由で、激しい運動やサウナ、お風呂に浸かることもやってはいけません。

お風呂自体が悪いのではなく、熱いお湯に浸かるのがよくない行為です。

肌を清潔にするのはいいことなので、施術当日はサッとシャワーを浴びるぐらいにしましょう。

肌トラブルが起きたらどうする?

肌トラブルが起きたら、脱毛サロンに連絡しましょう。

脱毛サロンでは医療機関と連携と取っているので、トラブルがあった時に提携先のクリニックで診察してもらうことができます。

ただし、注意事項として述べていることを守らず起きてしまったトラブルに関しては、医療費を負担してくれない可能性があります。

肌荒れしてしまうと次の脱毛が受けられず、期間が長引いてしまうことに繋がります。

普段は全然飲酒なんて平気だという人でも、脱毛直後のデリケートな肌だと反応してしまうかもしれません。

あまり自分の肌を過信せず、注意事項はしっかりと守るようにしましょう。

家庭用脱毛で顔脱毛をすることはできる?

家庭用脱毛で顔脱毛をすることは可能?

最近は家庭用脱毛器も進化して、なんとサロンと同じ様なフラッシュ脱毛ができるタイプもあります。

フラッシュ脱毛ができれば顔のムダ毛の悩みも解決できそうですね。

でも、デリケートな顔でも脱毛ができるのでしょうか。

顔脱毛もできるけど注意が必要

家庭用脱毛器を使って、顔脱毛することができます。

ただし顔はとてもデリケートな部位なので、細心の注意を払わなくてはいけません。

特に気をつけたいのは、目の近くです。

フラッシュ脱毛はメラニン色素に反応するので、瞳の黒さに反応してしまうととても危険なのです。

だから家庭用脱毛器には光を防ぐためのゴーグルがセットされていることが多いですね。

ゴーグルをすれば当然自分では見えなくなるので、誰か他の人にやってもらうのが安心です。

また、家庭用脱毛器はどうしてもサロンで使用されているマシンより効果は低めです。

顔脱毛となるとかなり根気強く何度も光を当てないといけないでしょう。

あまりの効果の鈍さにしびれを切らし、短いスパンで光を当ててしまうのも危険です。

十分な期間を空けて、そして二重打ちなどにも気をつけていかなくてはいけません。

顔脱毛に向いている家庭用脱毛器は?

顔はとてもデリケートです。

そのことを踏まえるといくつかのポイントを押さえてから家庭用脱毛器を選んでいかなくてはいけません。

まず気をつけたいのが、出力を調整する機能です。

安いものだと出力が細かく調整できないものがあります。

強い出力しかでなかったら、デリケートな顔のムダ毛脱毛ができません。

デリケートな肌、色素沈着部分には出力を押さえられるように、細かい調節機能があると便利ですね。

そして照射ヘッドが小さいことも大切です。

広範囲でもサクサク施術できる面を考えたら大きなヘッドがいいですが、顔は細かな部分を施術しなくてはいけないので、小さめが扱いやすいです。

できれば2種類のヘッドがあるといいでしょう。

思ったよりも安くない家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、5万から10万ぐらいするものもあります。

それでも全身脱毛が家でできることを考えたら、安いと思いますよね。

でも顔脱毛はたくさん回数を重ねないと、効果がでません。

家庭用脱毛器もカートリッジ交換などが必要になってくるので、意外とコストがかかるのです。

そのようなことを考えると、わざわざ顔脱毛だけのために家庭用脱毛器を購入するのはあまり得策ではないように思えます。

最初から全部脱毛サロンのプロに任せていた方が無難なのではないでしょうか。

顔脱毛を途中でやめたい!解約するときの注意点

顔脱毛を途中解約するときの注意点

脱毛はずっと続けるのが大切ですが、どうしても事情があり止めないといけなくなることもあります。

もちろん顔脱毛は途中で解約することが可能です。

では解約する時の注意点について考えてみましょう。

解約のやり方について

途中まで受けた顔脱毛のプランも止めることができるのですが、ただサロンに行かなければいいというものではありません。

もし次回の予約が入っているなら、なるべく早く連絡をしてキャンセルをしましょう。

それから解約手続きに入ります。

解約手続きはサロンによっても異なります。

・通っている店舗で直接受付

・最寄りの店舗ならどこでも受付

・カスタマーセンターに連絡が必要

以上のやり方が主な方法なので、まずはどのようにして解約しなくてはならないのかを確認します。

必要なものは契約書、印鑑、銀行口座など。

クレジットカードで支払っているなら、そのカードが必要になります。

また、月額制の全身脱毛は月定額料を支払っているため、返金もなければ解約手数料もかかりません。

しかし毎月口座引き落としになっているので、連絡するのが遅くなると余計な月額料が引き落とされてしまいます。

せめて解約したいと思う前の月までに連絡をしましょう。

とにかく止めると決まれば、なるべく早く連絡をして手続きを進めるのが大事です。

お金はどれくらい戻ってくる?

顔脱毛も長期に亘るプランなので、6回や10回など回数をまとめて申し込んでいることがほとんどです。

途中で止めてしまっても、残りの分の料金はちゃんと戻ってきます。

ただし未施術分が全額戻ってくるわけではなく解約手数料を差し引いた分が返金されます。

解約手数料は2万円か、残金の10パーセントのうちどちらか低い方が適用されます。

その解約手数料も脱毛サロンによって若干違いがあるので、必ず確認しましょう。

また、残りの分の料金の計算方法がサロンによって大きく異なりますので、その辺りもちゃんと確認が必要ですよ。

返金はどのようにされる?

ほとんどの場合、指定した銀行口座へ振り込みで返金されます。

振込手数料は利用者負担が基本です。

現金での返金はほぼないと思った方がいいでしょう。

返金のタイミングはそれぞれですが、2週間から3週間で完了することが多いようです。

しかし、クレジットカード決済をしていた場合は手続きに時間がかかり、2ヶ月待たされるケースもあります。

サロン側の事情で遅れてしまうこともあるので、少し遅すぎると思ったら連絡して確認した方がいいでしょう。

こんなはずじゃない!顔脱毛サロンを乗り換えるポイントは?

顔脱毛サロンを乗り換えるポイント

顔脱毛をしているうちにサロンを乗り換えたいと思う人は結構多いようです。

でもあまり深く考えずに乗り換えてしまうと、後悔してしまいますよ。

ではサロン乗り換えには、どのようなことが大事なのかを考えてみましょう。

なんで乗り換えたいかをはっきりさせること

何となく嫌だから…そんな理由で乗り換えていませんか?

・顔脱毛の効果がみえない

・通いにくい

・スタッフの対応が悪い

サロンを乗り換えたくなる理由は様々でしょう。

もちろんどんな理由で乗り換えても結構ですが、大事なのはその理由をはっきりさせることです。

そうしないと、次のサロン選びを失敗してしまいがちになります。

もし顔脱毛の効果がみえないという理由で乗り換えるなら、別の機械や技術を使っているサロンに変えないとあまり意味がありませんよね。

例えばS.S.L.脱毛を受けていたなら、次はIPL脱毛のサロンを試してみるなど。

フラッシュ脱毛自体に不満があるなら、思い切ってニードル脱毛をしてくれるサロンを探さなくてはいけません。

通いにくいなら立地、交通機関を十分にリサーチして乗り換え先を選びましょう。

よく考えず、次から次へと乗り換えるだけでは時間もお金も無駄になりますよ。

予約が取りづらい!乗り換え先は?

人気サロンだと予約が取りにくく不満に思うことも多いですね。

顔脱毛は体脱毛より短いスパンで通うのが一般的なのに、3ヶ月以上も予約が取れないとなると困りものです。

もちろん乗り換えする理由としては大いにありですが、その他に不満がなければ店舗移動を考えてみませんか?

店舗移動とは、同じサロンの別の店に移動することです。

大手の人気サロンなら、同じエリアに何店舗も出していることが多いです。

一駅、二駅と候補駅を変えてみて、その周辺に店舗がないか調べてみましょう。

店舗を移動するだけで、劇的に予約の取りにくさが改善されることもあるものです。

新規で顔脱毛を申し込むとまた細かなカウンセリングから始まり、コースの申し込み契約など面倒な手続きがやり直しになります。

途中で解約となると解約手数料もかかるでしょう。

でも同じサロンで店舗移動すればそのような面倒な手続きからも解消されますし、解約手数料もかかりません。

引き続き同じプランを続けることができます。

店舗移動する場合の手数料がかかるサロンもありますが、ほんの1,000円程度です。

技術にも不満がない、サロンの雰囲気、料金にも満足といった場合なら、ぜひ店舗移動を検討しましょう。

急に毛深くなった顔も脱毛ができる?

急に毛深くなった顔も脱毛できる?

女性でも顔の濃いムダ毛に悩まされる人は多いものです。

そんな人のお悩み解消に一役買うのが顔脱毛なんですが、ここ最近濃くなってきたなというケースでも対応できるのでしょうか?

ちょっと待った!急に濃くなる場合は別の原因があるかも

元々毛深い体質の人はいいのですが、急に顔の産毛が濃くなってしまう場合は注意が必要です。

なぜなら、急に毛深くなってしまうのは体内で何か異変が起きているからなのです。

女性の顔の産毛が濃くなって男性のようになってしまうのは、ホルモンバランスの異常である可能性が高いです。

そしてそのホルモンバランスが乱れる理由の多くは、ストレスです。

強いストレスを感じると女性でも男性ホルモンの分泌が多くなってしまい、アゴや鼻下の毛が濃くなってしまうことがあります。

毎日残業で働き詰め、仕事のストレスで潰されそうになっている女性も多いですね。

そんな女性が突然生えてきたひげに悩まされてしまうケースもあります。

あるいは楽しく過ごしているつもりでも、遊び過ぎて体が疲労している場合はホルモンバランスが崩れてムダ毛が濃くなることがあります。

徹夜で遊ぶとなぜかムダ毛が伸びるのが早くなる、なんて人もいますね。

このような場合は脱毛するのではなく、まずはストレス軽減と休息が必要です。

そこが改善されなければ、いくら脱毛しても意味がないでしょう。

また、ホルモンバランスが崩れてしまう原因は、何か重大な病気が隠れていることもあります。

コレは明らかにおかしいと自覚する場合は、脱毛より先に病院の診察を受けるようにしましょう。

ストレス軽減後も残ってしまう毛は?

ストレスが原因で増えてしまった毛だとしたら、まずは体を休ませたりストレスを発散させたりするのが先決です。

しかし問題解決しても、うっすらと鼻下やアゴ下に残ってしまうムダ毛もあります。

放っておいたらいずれ薄くなるかもしれませんが、生えているとそれ自体がストレスになります。

そう言った場合は思い切って顔脱毛を受けるのもいいでしょう。

顔脱毛は効果の出方がゆっくりですが、何度か施術すれば着実に変化があります。

変化があれば気持ちも楽になってくるでしょう。

心のケアと体のケア、そしてムダ毛処理も一緒に進めていくといいですね。

ただし、病院で治療している場合は注意が必要です。

薬服用中の人は脱毛ができないからです。

どうしても顔脱毛したいという人は主治医に相談し、問題がないことを確認してからサロンに申し込みましょう。

顔脱毛に年齢制限は?適齢期について考えてみよう

顔脱毛に年齢制限は?適齢期について

顔脱毛はメイクののりが良くなるなど、見た目上でのメリットがとても多いですね。

そんな顔脱毛に年齢制限なんてあるのでしょうか?

ここでは顔脱毛の適齢期について考えてみました。

脱毛サロンには年齢制限がある

脱毛サロンには、それぞれ年齢制限があります。

16歳以上と設定されていることもあり、その年齢に達しない人はいくら親の承諾を得ても脱毛ができません。

はっきりとした年齢制限を設けていなくても、「生理が2回以上きた人」としていることが多いですね。

つまり、未発達な子供のうちは脱毛しても意味がないということです。

生理が2回以上きて大人のホルモンバランスに近づいたら取りあえずOKとしているのです。

中学生以上であれば顔脱毛もできるかもしれませんが、理想を言えば高校生、もしくは卒業したあたりがいいでしょう。

そうすれば体もすっかり成長して、脱毛効果を発揮させることができます。

また、いくら年齢制限を満たしてしても、未成年の場合は親の承諾が必要です。

受けられるコースにも制限があるので、事前に確認しておきましょう。

歳を取るとムダ毛の濃さも変わる?

若いときに足や腕の毛が濃くて悩んでいた人でも、歳を取るとともに薄くなることがあります。

10代の女の子が20代、30代と成長して体が大人になるのと同じ様に、歳を取るとまた違う変化が出てきます。

特に変化が出てくるのが、更年期が近くなってからでしょう。

一般的に45歳から55歳ごろを更年期と呼びます。

そのことを考えると、顔も体もムダ毛の勢いが強いのは20代から30代ということになるでしょう。

つまり、20代から30代が顔脱毛の適齢期と呼んでもいいかもしれません。

思い立ったら顔脱毛

これから顔のムダ毛も段々薄くなってくる年齢だろうと思っていても、放置するのは我慢できないでしょう。

気になるのであれば、50代でも60代でもいつ脱毛しても構いません。

特に女性は若いときは子育て、家事、仕事と忙しく、自分のことをゆっくりと振り返る暇がない人も多いです。

50代になってようやく一息ついて、オシャレが楽しくなってきたという人もいます。

そうなるとメイクをしたときに浮いてしまう産毛の存在が気になってきます。

そんな邪魔なムダ毛は顔脱毛で無くしてしまいましょう。

確かに20代のうちに脱毛していればもっと楽しかったかもしれませんが、いつ顔脱毛しても遅いなんてことはありません。

気になるならどんどん脱毛して、楽しく過ごしたいものですね。

極度の乾燥肌だけど顔脱毛は問題無い?

極度の乾燥肌だけど顔脱毛は?

乾燥肌に悩む人は本当に多いですよね。

特に秋から冬になると顔がパリパリになってしまうなんて人もいます。

そんな極度の乾燥肌でも顔脱毛は可能なんでしょうか。

場合によっては脱毛できないこともあり

ちょっと乾燥しているぐらいなら、ほとんどの女性が悩まされていることでしょう。

ちょっとやそっとの乾燥ぐらいでは、脱毛ができないなんてことはありません。

しかし、あまりにも乾燥がひどすぎる場合には、脱毛施術を断られてしまう場合もあります。

乾燥がひどいと角質層は乾いた大地のようになり、白く粉を吹いた状態になります。

そのような状態だと脱毛がうまくできない可能性があります。

光を照射しても、うまく毛根まで届かないかもしれません。

脱毛効果を十分に発揮するには肌の潤いも大事なのですよ。

乾燥肌はあらゆるトラブルを招く

肌が乾燥していると、外的刺激にも弱くなります。

それはパリパリに乾いて浮きあがってしまった角質のせいで、バリア機能が弱くなっているからなんです。

角質層は肌を外的刺激から守るための、いわばバリアのようなものです。

そんな角質層が乾燥してしまい浮きあがってしまうと、肌荒れしやすくなるのです。

乾燥のせいでかゆみが起きてしまい、かかないと気が済まないこともあるでしょう。

冬に肌がかゆくなってしまう人は、乾燥が原因かもしれません。

それにバリア層が弱くなっている状態だから、脱毛の痛みも感じやすくなります。

施術の刺激にも過敏に反応し、余計な肌トラブルを招いてしまうのです。

粉拭き肌はとにかく保湿が大事

顔脱毛ができないくらい乾燥している人は、まずは潤いを取り戻すことから始めましょう。

これ以上ひどくならないためにも、外からの保湿をするのが大事です。

それだけではなく、生活習慣を見直した方がいいかもしれません。

乾燥によくないのは、熱すぎるお湯での洗顔、洗いすぎ、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料の使用など。

特に潔癖症の人はなんどもしつこく顔を洗ってしまい、乾燥を助長していまいがちです。

乾燥していると思ったら、あまり強く顔を洗わないようにしましょう。

それから日焼け、エアコンにも注意です。

日光に当たると肌は水分を失い、日焼けしてしまいます。

エアコンは夏の屋内でも顔の乾燥を招いてしまう元凶となります。

ムダ毛が無くても肌がカサカサでは意味がありません。

ツルツル、しっとり肌になるように、とにかく保湿に専念するようにしましょう。

イチゴ鼻が顔脱毛で改善されるって本当?

イチゴ鼻が顔脱毛で改善される?

メイクをするときほど自分の顔をジッと見つめることはありません。

そんなときに鼻のブツブツ、いわゆるイチゴ鼻が気になってくるのです。

イチゴ鼻はなかなか改善が難しいのですが、意外なことに顔脱毛で改善されるという噂があるのです。

イチゴ鼻の原因は産毛?

イチゴ鼻とは、鼻の頭から小鼻にかけてブツブツとしたものが見えるような状態のことを指します。

まるでイチゴのブツブツのように見えるから、そんな呼ばれ方をするんですね。

そのブツブツをよく観察してみると、産毛が生えていることに気付きます。

つまり、ムダ毛が原因で毛穴が広がってしまいブツブツに見えてしまうということなのです。

その場合は顔脱毛することで毛穴が引き締まり、ブツブツが目立たなくなってきます。

イチゴ鼻が顔脱毛で改善されるという噂は、あながちデタラメではないんですね。

イチゴ鼻は毛穴の詰まりの可能性

もちろん顔脱毛だけで完全にイチゴ鼻が改善されるというわけではありません。

イチゴ鼻に見えるのは、毛穴に汚れが詰まってしまっていることが原因のことも多いからです。

その場合は毛を無くすだけではなく、毛穴の汚れをとるのが大事です。

しかし長年詰まった毛穴は普通の洗顔では改善されません。

エステサロンのディープクレンジングを活用し、毛穴の詰まりを解消しましょう。

毛穴の詰まりを解消しただけでは毛穴も広がっている状態で、またすぐに汚れが溜まってブツブツになります。

大事なのは汚れをとって毛穴を引き締めることなんです。

脱毛サロンでは小鼻の脱毛ができない?

イチゴ鼻解消に役立つ顔脱毛をぜひ!と思っている人も多いでしょうが、残念ながら脱毛サロンではお手入れできないことがほとんどです。

眉毛から鼻にかけてのT字ゾーンは、脱毛専用サロンでも対応していないことが多いです。

まれに頬や鼻下の延長で小鼻ぐらいなら脱毛してくれるかもしれないので、事前に確認が必要です。

また、小鼻に生えている毛は本当に産毛状態で、あまり目立たないものが多いものです。

フラッシュ脱毛で施術しても、あまり効果は望めないでしょう。

対応しているサロンが少ないなら家庭用脱毛でお手入れをする方法もありますが、フラッシュ脱毛器なら結果は同じことです。

それでも毛穴の汚れを改善するだけでかなり良くなるはずです。

小鼻はディープクレンジングをしてすっきり、頬や鼻下は脱毛でツルツルにします。

そうすることで、全体的に毛穴が目立たなくなりイチゴ鼻も気にならなくなりますよ。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 顔脱毛ならこの4つのサロンが口コミでも人気! All Rights Reserved.